[TSUBASA][黑法] 桜舞


「幸せが欲しい……」

小狼たちを待ち続ける間に、こちらの生活も普通に暮らします。
黒鋼との会話はまだできないのままで、もう早くに一ヶ月を経ってしまた。


 

『ココ』木製のテーブルを叩く音。ファイの視線が窓の外から部屋に戻って、黒鋼の視線と合う。
「!$@!#@!外出!@#$!,小心!@#$!@」
会話ができないのに、黒鋼の喋る表情は真剣だ。

「気をつけてって言ったか?うん、行ってらっしゃい。黒様も気をつけてよ。」
会話ができないのに、ファイもだんだん黒鋼のわからない言葉を理解できなります。

会話ができないのに、毎朝は必ず、こう微笑みで、理解できない言葉を交換して、黒鋼が仕事に行ってます。
ファイも仕事があるんですけど、午後からの仕事です。
だから、こう一緒に食事をするのは朝だけなの。


夜にファイが帰った時、黒鋼は偶に迎えに来た。あの時、きっと二人で道遠く回りでサンボをする。


————————————————————
「ふふん、こうすると、夫婦みたいね、黒様。」
ある夜、ファイは黒鋼を見ながら、遠くの月を見てこう言った。
理解できないのに、黒鋼は黙ってファイを見て、手を握ってしまた。
「はは、こうすると、本当に夫婦になりたいの?く。ろ。さ。ま……」ちょっと冗談な気分で言いたかったけど、黒鋼の真剣な顔を見て、ファイも黙ってきました。「なんだよ、照れるじゃないですか…」

そのとき、ファイはあの国の歌を歌う。
「幸せが欲しい、幸せになりたい、私を幸せください。誰か、私を連れていて…」
ちょっと低いな歌声が、静かな夜に特に明らかになる。
黒鋼は黙って歩く続ける、ファイは歌を止めて後、黒鋼はファイに見て。
「ふふ、この歌が好きです。俺はいつもそう思った、誰か俺を連れていてといいなぁって……今言っても、あなたもわからないでしょう…」歩く続けるファイは、月に見上げて、「言っても分からない事が知ってのに、俺は何を望んでの?」

本当は、何かを望んでいるかもしれない……
ただ……実現できない…かも……


ただの幸せが欲しい…でも、このネガイがなんでこんなに遠くになるかな…
自分にとって、これは普通じゃない願いですか?


————————————————————


いつも通りなら、黒鋼は仕事に行きます、ファイは一人で時間を潰して仕事の時間を待つ。
今日もそうと思いますので、ファイは話を話す後、また外の桜を見る。


「綺麗だね。桜。」ファイはピンク色の花を見てそう言った。「桜姫と同じ、可愛い色だね。幸せそうな色……幸せ…ほしいなぁ…」


「欲しいなら、お前の幸せ、俺があげる…」


「え?」
「え?」
ほぼ同時、ファイと黒鋼はお互いの顔を見て。

「言葉…通じるの?」
「幸せ、俺に?」

話が言った後、二人もビックリする。


「…モコナは近いにいるかも…」
「…幸せ…俺は…本当にもらえるの?」不安の声。


なんでこんなに不安なの?なんで自分でも信じられないの?黒鋼はいつもそう思うんだ。ファイは誰にも信じない、ファイ自身にも信じない。普段はニコニコで笑ってるけど、一人の時、悲しい顔をする時は多い。


ちょっと腹が立つきがする。他人は別の話、何で俺たちにも信じない?黒鋼はちょっと乱暴でファイを引っ張って、抱き合うの体勢になる。


「お前…もっと俺…みんなに信用しろうよ!幸せってさぁ、あんなにもらえ難しいものではないんだ。もっと、俺を信じて…」


声が小さくて、ファイの耳の側で言った黒鋼。
ファイを逃がさないように手を強くて掴んで。


「信じて…それて、幸せがもらえる?」泣きそうな声。
「うん。」
「俺…ほんとうにもらえるか?」
「…うん。」もっと強くてファイを抱いて。


「あ!黒鋼さままたファイをいじめる!」小さくて白い不思議な生き物は窓から出現して、大きな声で喋りました。


「違うって!」と反駁したい時、不思議な状態を気付いた。


「あれ?ファイが寝てる?」
「…うん。」


幸せ、俺があげるから、その悲しい顔をしないでくれ。


**********************************************************************************



我有點不知道我在寫啥了 ……..
這篇我卡好久一口一
卡到我不知道怎麼轉轉轉XD


有點像之前那篇温もり的續篇,不過原本就預定給摩可拿打斷了XD


有時間我再來修這篇好了+______+”


如果你覺得這篇文章還不錯,請您花點時間註冊並幫按下方的Like。支持創作,正向交流:)
回饋由 (likecoin)基金會出資,關於註冊您可參考這篇文章參考新手村文章
分享這篇文章

寫點留言吧!

avatar
1000