[xxxHolic][百四] 弱氣~あの後…


「……あのね……ちょっと質問があるんだ、いい?」
「うん、いいよ、何?」
「これ…」ワタヌキは奇妙な色を付けて食べ物のような物を指している、「この妙な色の物は何?」
「これ?ドメイキ流スペシャル元気満点粥です。」
「………」
「?どう?食べなさい。」ドメイキはお茶を持ってくる、ワタヌキのベッドの側で座って、ワタヌキの顔を見てそう言って。


 

ワタヌキの阻止を無視して料理を作った。ワタヌキはうれしいと思って、でも今見て、あまりうれしくないと見えます。
「色は変わってけど、食材はいいものです。」

「うむ…うん…でも、ドメイキは料理できるなんで、想像できない…こんな顔…」
「顔と何の関係?」
「う…いや……なんでもない…」

「でも、おかしくない?何でお前が作る粥は緑色なんだよ!!!」
「……」
「お前、絶対何を企むでしょう!!!絶対ある!!」
「…おい……この話結構傷つける…」

「食べなさい、がんばって作ったのに…」
「うむ……なんか、今の俺は結構元気になった。」
「……」
「じゃあ、お前も食べてみてどう?」
「いいよ、おいしいだもん。手、貸して…」とワタヌキの手を握ってスプーンを使って粥を食べて始めました。

「おいおいおいおい…」
「うん、おいしいんだ。お前も食え!」と言いながらワタヌキの手を握ってまま、粥をワタヌキの口まで運んできます。
ワタヌキは逃げない状態で粥を食べて、絶対不味いと思うけど、物を噛んだ後、意外においしい味がする。

「あれ?」
「おいしいでしょう。」ニコニコしてる。
ちょっと悔しいけど、ワタヌキは素直で「うん、おいしい。」と言った。


素直すぎで言うから、ドメイキはちょっとびっくりした。


「あの…」
「は?」
「お前…俺の手、何時まで握ったい?」
「お…お…じゃぁ、お前食べ続けなさい。」っと言う、ドメイキは立ち上がり部屋を出で行った。


「うん…おいしい…」
ワタヌキは小さく声が言って、ちょっと幸せな気分をする。


何年ぶりだろう…誰かの手料理を食べて…
しかも、この料理は自分のために作る…


顔がちょっと熱があるけど、熱なのか、照れるなのか、原因はどうでもいい…
ワタヌキは専念で粥をたべっている。


************************************************



結不了尾(毆)
其實這只是寫完上一篇之後,跟小夏的閒聊中出現的東西,
既然有人希望寫下去,那我就嘗試寫了XD


雖然被 L 說:百目鬼會搞笑嗎?=___=


管他!反正甜就好(喂)



如果你覺得這篇文章還不錯,請您花點時間註冊並幫按下方的Like。支持創作,正向交流:)
回饋由 (likecoin)基金會出資,關於註冊您可參考這篇文章參考新手村文章
分享這篇文章

寫點留言吧!

avatar
1000